羽二重餅 和菓子

絹のようにふんわり軽い食感の羽二重餅お取り寄せ

投稿日:2019-01-03 更新日:

羽二重餅とは?

羽二重餅とは一般的に餅粉を蒸して、砂糖と水飴やシロップを加えて練り上げた和菓子のことを言います。

絹織物のような白く美しい羽二重餅の食感はフワッとしたとろけるような柔らさになっています。

福井の名産品としても知られる羽二重餅は、福井県で盛んだった羽二重織りが由来になっているようです。

今回は福井県にあります松岡軒の羽二重餅と最中をご紹介していきます。

 

松岡軒の歴史

高級織物“羽二重”発展の地で絹と先代への想いを紡いだ銘菓が誕生。

慶長年間、福井藩では越前羽二重の起源とも言われる奉書紬の生産が盛んに行われていました。初代・淡島重兵衛も奉書紬を扱う織物屋を営んでいましたが、二代目の淡島恒は、繊維業の浮き沈みの激しさから跡を継がず、東京で10年にわたる修行を経て「松岡軒」を開業します。この創業時に考案されたのが、今や福井を代表する銘菓となった「羽二重餅」です。当店は羽二重餅発祥の老舗として、“本物の味”を守り続けています。

羽二重餅の先駆けとして誕生した絹のようななめらかな求肥の名品。

松岡軒を創業した淡島恒は、商品を生み出すにあたり、全国的にも有名な福井特産の絹織物・羽二重にあやかると同時に、先代の織物業との繋がりも残しておきたいとの想いを抱いていました。そして、羽二重がもつなめらかな肌触りを和菓子で再現できないか試行錯誤を重ねます。こうして誕生したのが、羽二重餅です。明治38年の発売開始以来、その評判は全国に知れ渡ることとなり、福井を代表する銘菓となりました。

絹のような軽やかな食感を生み出す先代が追求した究極の「配合」。

「配合だけは変えてはならない」と代々厳命されてきた材料の配合は、羽二重餅の命綱。羽二重餅の最大の特徴でもある“ひらひらとしたしなやかな質感”は、絶妙な配合によって生み出されるもの。餅粉や砂糖は多すぎても少なすぎても、絹織物が持つはかなげな白さとなめらかな食感は生まれません。味が変わってしまうため、粘りや保存を高める添加物は一切使わず、今でも頑なに配合を守り、伝統の味をお届けしています。

引用元:松岡軒のサイト http://habutae.com/about-us/

 

 

福井県の松岡軒の羽二重餅と最中はどこで買えるの?

創業明治30年の老舗和菓子店「松岡軒」は、福井県福井市中央3丁目5-19に本店がありまして、東京都中央区日本橋の日本橋三越や日本橋高島屋などのデパートでも「羽二重餅」や「最中」をご購入できるようになっております。

福井の松岡軒の「羽二重餅」や「羽二重最中」は、上記の店舗以外にも『服部幸應のお取り寄せ』はっとりよせ.comでも全国各地からお取り寄せすることができます。

 

 

素材へのこだわり

松岡軒の上品で繊細な和菓子「羽二重餅」は、素材にもこだわっています。

上品に香る餅米は、京都丹波産と福井産のブレンド。

主原料である餅粉は、京都丹波・亀岡産のもち米と、地元・福井のコシヒカリを独自にブレンドし挽いたものを使用。温暖の差が激しい亀岡の地で育った米粉は力強くコシがあるため、羽二重餅には最適なのだとか。添加物を一切使っていないのも松岡軒の羽二重餅の大きな特徴です。

 

~中略~

なめらかな口溶けは、職人たちの丁寧な仕事の賜物。

餅粉と水を合わせて短時間で一気に蒸し上げたあと、攪拌機に移してグラニュー糖、水飴を加え1時間以上かけて練り上げ、薄く薄くのばして……。わずかな火入れの加減や湿度の違いで仕上がりが大きく変わる、松岡軒の羽二重餅。職人たちの丁寧な仕事の積み重ねによって日々生み出されています。

引用元:『服部幸應のお取り寄せ』はっとりよせ.com



 

賞味期限について

松岡軒の上品で繊細な和菓子「羽二重餅」の賞味期限は製造日から10日となります。

 

 

松岡軒の「羽二重餅」お取り寄せ:福井の銘菓通販

松岡軒の上品で繊細な和菓子「羽二重餅」のお取り寄せはこちらです!

6個入り12個入りのご家庭用におすすめの大きさのものから18個入り36個入りなどのご進物用におすすめの商品もございます。

ご贈答用の木箱に入った80個入りや120個入りなどの「羽二重餅」もございますので、ご用途に応じてお選びください。

↓↓↓


 

 

松岡軒の「羽二重最中」

福井県の松岡軒では最中に羽二重餅と餡子を詰めた香ばしい美味しさの「羽二重もなか」も販売しております。


 

素材へのこだわり

松岡軒の「羽二重もなか」は、羽二重餅と同様に素材にもこだわっています。

香ばしい最中、さらりとしたこし餡の風味が口いっぱいに広がります。

封を開けたときに漂う、もなかの香ばしい香り。口に入れるとなめらかな羽二重餅とさらりとしたこしあんの風味が口いっぱいに広がります。羽二重餅の風味を活かすため、あんの甘さはどこまでも控えめ。最中特有の重さ、くどさがなく、小さいサイズも相まって何個でもいただけます。

北海道産の小豆を使用したこしあんが、隙間なくぎっしりと。

最中を割ったときに現れる美しい薄紫色。この色こそ、上質なこしあんの証拠。北海道産の小豆を使い、丹念に練り上げ、羽二重餅と組み合わせたときに最適な甘さになるよう仕上げています。両者を絶妙なバランスにこだわり、毎回糖度計を使い、甘さをチェックする徹底ぶりです。

 

引用元:『服部幸應のお取り寄せ』はっとりよせ.com

 

松岡軒の「羽二重もなか」お取り寄せ:福井の「羽二重最中」通販

ピーナッツのようなコロンとした形の可愛い「羽二重最中」は、こちらの画像からお取り寄せできます。

6個入り・10個入り・20個入り・30個入りがございます。

賞味期限は製造日から10日となります。

↓↓↓


 

 

 

 

-羽二重餅, 和菓子

執筆者:

関連記事

マスカットの和菓子:女優さんも食べているジューシーさが人気のぶどう菓子

ぶどうの和菓子お取り寄せ:ひとつぶのマスカット 女優さんや芸能人の方にも人気の夏限定のお取り寄せできる美味しいマスカットの和菓子。 それは広島県三原市に本社のある共楽堂が手作りで作っている上品で高級感 …

金魚の和菓子【出目金の羊羹入りゼリー・きんぎょ寒天】

夏に人気の金魚の和菓子 夏といえば夏祭りの縁日の屋台や金魚すくいを思い出しますよね。 ポイでたくさんの金魚をすくって家に持ち帰っては金魚鉢に入れて育てていたことを思い出します。 見ているだけで涼やかで …

はっさく大福:愛媛の御菓子処「清光堂」

「清光堂」はっさく大福 愛媛県今治市の御菓子処「清光堂」では、人気のお取り寄せスイーツ「まるごとみかん大福」の他に、はっさくを素材にした大福「ゴロッとはっさく大福」も販売しております。 はっさくを包み …

みかん大福:ミカンの名産地愛媛の御菓子処「清光堂」

「清光堂」みかん大福 断面の美しさが目を惹く「一福百果まるごとみかん大福」は、愛媛県今治市の御菓子処「清光堂」で作られています。 ジューシーなミカンの大福は、夏の間は半解凍でひんやりとした食感を味わう …

お取り寄せスイーツ あんこを使った和菓子いろいろ

疲れた時やリラックスしたい時には【あん入りスイーツ】 ちょっと疲れた時やゆっくり自宅でリラックスして過ごしたい時には、濃いめのお茶を淹れて餡子たっぷりの和菓子を食べると、その奥深い甘みでたちまちほっこ …

水まんじゅう通販

水まんじゅうは夏に人気の和菓子 「水まんじゅう」は、葛粉や蕨粉や寒天などを使って作られていまして、涼やかでプルプルとした食感が人気の夏の和菓子です。 水まんじゅうは通販で購入可能! 透明で透き通るよう …

葛餅:テレビで紹介された人気のくず餅

葛餅:テレビで紹介された人気のくず餅 透き通るような透明感のある和菓子「葛餅」は、夏の風物詩の一つでもあります。 くず餅は、基本的には葛粉・水・砂糖で作られる和菓子で、仕上げにきな粉もしくは黒蜜をかけ …

東京土産に人気!「人形焼き」をご自宅に居ながら注文する方法

東京土産・東京銘菓に人気の人形焼き 昔ながらの東京土産、東京銘菓の和菓子と言えば人形焼きですよね。   東京銘菓の人形焼きとは? 人形焼きとはふんわり柔らかなカステラよりも少し香ばしいような …

干菓子の取り寄せ【和三盆糖・こんぺいとう・ふきよせ】

干菓子の取り寄せ【和三盆糖・こんぺいとう・ふきよせ】 干菓子は和菓子の中でも極端に水分が少ないお菓子で和三盆などのお砂糖を主原料としたものや、お煎餅やおかきの詰め合わせになりますので、商品の特性から日 …

お取り寄せスイーツ

2020年 ルタオ新作スイーツ他
お取り寄せスイーツ通販



お中元特集!
お取り寄せスイーツ&アイス






藤田ニコルさんのテレビ番組で紹介!
高級ショコラケーキ


SHIMAHIDE
新食感えびせんべい



【サロンドロワイヤル】
ピーカンナッツチョコ



美味しいナッツチョコ菓子ギフト
【サロンドロワイヤル】






楽天ランキング1位!
焼きティラミス他
人気の焼き菓子多数





東京・表参道:グラッシェル
お誕生日にも人気アイスケーキ
フルーティなアントルメグラッセ



アイスケーキ通販
東京・表参道:グラッシェル
かわいいアントルメグラッセ




兵庫県 アンリシャルパンティエ

手土産に人気の焼き菓子多数!!

京都のお茶屋 伊藤久右衛門
濃厚でほろ苦い 抹茶スイーツ





【おうちカフェ】
スタバの味も楽しめます!


スポンサーリンク




アーカイブ

カテゴリー